banner

空きドメイン?新しくドメインを作ることとは

新しいブランド、新しいサービスを立ちあげることに伴い、トータル的な広告戦略を構えているのであれば、新しいドメインを取ることは問題ありません。ドメインはURLの一部になります。そして、http://[ドメイン]」の表記で一つのWebサイトを指し示すことができます。そのブランド名、サービス名、商品名を連想させるようなドメイン名をつけておけば、それは広告などのクリエイティブにも流用できる有用なツールとなります。

現代の広告戦略、販促戦略において、「Web」は「常識」として必要なチャンネルです。Webサイトはそのサービスを認知した人が検索し、自ら興味を持って来訪してくれる、最強の広告・販促ツールだからです。ですから、「Webサイトがあること」はどのような業種で広告の戦略を練っても常識なのです。

たしかに、「Webに向いている商材」と「Webに向いていない商材」はあります。Webに向いている商材は、極論をいえば「電子コンテンツ」です。Webに向いているどころか「Web上での販売」しかできません。テレビCM、雑誌広告などを織り交ぜて告知しても、帰結するところは「Web」になります。逆にWebだけで販売を完結することが難しい商材は土地や建物などの「不動産」、そして「自動車」などの「高額」な商材です。それらはただ情報だけを参照してWebサイト上で簡単に購入するような商材ではないのです。高額商材を「成約」させるためには実地見聞や「営業マン」の商談が必要です。ですが、Webサイトでも調べるでしょう。これらの極端な例は、「Webサイトがどのような位置づけであるべきか」のいい例です。

ビジネスの「プラン」において、「ブランドを売る」という場合、つまり「ブランドを有名にする」という場合は、新規ドメインの取得による新規サイトの構築が有効だと思われます。そうではない場合は「既存のドメインの中の1サイト」ということになるからです。そうなるとURLは「http://[既存ドメイン]/[新規ブランド用ディレクトリ]」となり、あまりスマートではありません。ですからドメインの取得は案件の「規模感」によって左右されるものです。

新規ドメインを取得する場合は、そのドメインが「使われていない」ことが前提です。ドメインは世界で1つしか用意できないからです。もしそのドメインが他社によって取得されていた場合、それは利用ができません。「ブランド名の決定」は、そのようなことを加味するべきです。ブランド名の決定の際、このことを度外視してしまい、「商標登録」のあとに「ドメイン」を検討するようなことになってしまえば、さらに大変です。「そのドメインが取得できなかったら」という想定が欠けたままブランド策定が進んでしまうと、最悪の場合そのブランド名が連想できるドメインは取得できません。せっかくのブランド戦略が、「ドメイン」ひとつで台無しになってしまう恐れがあるのです。

新規ドメインはその文字列が「空いていなければ」取得することはできません。ドメインが「いつ空くか」はそれこそだれもわかりません。「空くまで待つ」という選択肢はありえないのです。

ドメインも看板の一つです。現在では「検索」が主流ではあるものの、Webサイトにアクセスされた際にずっとブラウザに表示されるものでもあります。せっかく新しいドメインを取るのであれば、ブランド名とリンクさせたり連想できるものがいいはずです。「名称」を考える際にはその「ドメインが取得できるか」ということを必ず検討しましょう。ドメインの「空き」は、インターネット上で簡単に調べることができます。

Copyright(c) オールドドメインはなぜ好まれるか All Rights Reserved.