banner

ビジネスとSEO

どのようなビジネスにとっても、Webサイトはとても有効なツールです。実際の店舗があったとしても、メーカーであっても、通信販売であっても、最近では少しわからないこと、知りたいことがあると人々は「検索」するのです。スマートフォンなどのモバイル端末の普及により、「インターネットユーザー」はほとんど「実際の市場」と同じといってもいいでしょう。何かを買いたいというときも、「少しでも安いものを」というニーズは高くなっています。購買に至るプロセスも、「自分のニーズにあったものを探す」というところから始まって、「それがいくらで売っているのかを調べる」、そして「どこで売っているのかを調べる」など、プロセスのそれぞれの段階で「検索」を行います。

「実物を見てみたい」というニーズがあれば、それが置いてある販売店を探します。ですが「少しでも安いほうがいい」と考えると、その場で値引き交渉をして、成立しなければ購入しません。インターネットで少しでも安いものがあると、そちらを買うからです。そのように、「購買」は人にとって「情報を得ること」なしではもはや考えられないのです。

そのように「ビジネス」にとってインターネットはもはや切り離せない重要な要素となっています。インターネットで検索して「ない」ということは検討しているユーザーに対して致命的であり、存在しないことと同じなのです。存在しなければ、「比較」の対象にもなりません。比較の対象にならなければ、購入される可能性はまずないのです。

販売店に商品を卸すメーカーであれ、販売店であれ、水道管のサービスであれキーサービスであれ、すべてのビジネスがインターネットでの情報提供を行うことは、現在では「当たり前」のことになっているのです。その中で「どこを着地点にするのか」ということが大切です。

Webサイトをどのような位置づけにし、何をもって「成果」とするのかということをよくよく考えなければ、「意味がない」のです。そのWebサイトは何のためにあるのか、誰に見せるのか、という点から、「見た人にどうして欲しいのか」ということまでをしっかりと詰めておかなければ、そのWebサイトが存在する「理由」がありません。理由のないWebサイトを作り、管理し続けることはナンセンスです。ビジネスにおいては「経費の無駄」ということになります。Webサイトを管理し、運営するということは手間とコストがかかります。自社だけで運営しようとしても、人件費や設備費が確実にかかるのです。どんなビジネス、どんな会社も、現在ではちょっとしたことで経営が傾く時代です。舵取りを誤るだけで、大企業が一瞬にして凋落するのです。そしてそのリカバリーは想像を絶する難しさです。

Webサイトはビジネスとユーザーの最初の接点です。「どのようなキーワードで上位にするのか」ということは、自身が「何を売っているのか」を定義づけることでもあり、ユーザーに対して看板を掲げることでもあります。

とりあえずWebサイトがなければいけない、という時代は終わりました。すべてのことに意味を持ち、それぞれの施策に「目的」がなければ、たちどころに事業は傾きます。そのようなことを防ぐためにも、Webサイトが「どうなれば勝ちなのか」ということを明確にしておく必要があります。情報を提供することに徹するのか、それとも販売して売り上げを稼がなければいけないのか、明確な目的が必要なのです。

Copyright(c) オールドドメインはなぜ好まれるか All Rights Reserved.