banner

ドメイン以外に検索エンジンが重視する点とは

Webサイトの要素はもちろんドメインだけではありません。ドメインはいうなればそれらのデータを参照するための「定義」でしかありません。大切なのはコンテンツであったり、その整理の仕方、見せ方です。 検索エンジンに対して自身のサイトをしっかりと認識してもらい、且つ良い評価、狙ったキーワードに対して検索結果で高順位を得るためには、さまざまな要素を意識しなければいけません。「ドメイン」が古いというだけでは、当然ですが検索順位は上がらないのです。検索エンジンに対して有効な施策を考えることは、「ユーザーに対して有効なこと」を考えることです。ユーザーに対して有効なこととは、ユーザーが「便利だ」と感じてくれることでもあります。そのような取り組みを重ねることで、確実に検索エンジンに自身のサイトを浸透させていくことが大切です。

ただ、そうはいっても少しの「コツ」はあります。

まずはページの中の「テキスト」の量です。「テキスト」とは文字データのことです。Webサイトの基本は、このテキスト情報を「どうまとめるか」ということにつきます。テキスト情報を体系化し、参照しやすくすること、そしてそれをWebページ上で有効な「タグ」によってマークアップすることで、検索エンジンに対しても体系化して情報を伝えることができます。これは「テキスト」でなければいけません。最近よく見られるのが「文章情報が画像になっている」ということです。これでは検索エンジンはそこに何が記されているのかを判別することができません。判別することができないものを、「検索キーワード」に紐付けることはできませんから、SEO的に満足のいく効果は得られません。

そして、なによりも「サイトタイトル」をしっかりと考えた方がいいでしょう。サイトタイトルは本のタイトルと同じです。「どのようなことが記されているWebサイトなのか」をしっかりとタイトルとして表現できなければいけません。Webサイトの情報としてもっとも重要視されるのがその「タイトル」です。タイトルがおざなりになっていては、確実にSEOは失敗するでしょう。サイトタイトルとコンテンツの整合性も大切です。まったく関係のないコンテンツであるのに、サイトタイトルがトレンドのキーワードばかり意識したものであったとしたら、それは不正SEOになってしまい、ペナルティを課せられてしまうでしょう。

Webサイトの構築と運営は、それらの総合戦です。基本的にユーザーフレンドリーであれば検索エンジンに対しても有効、検索エンジンに対して有効的に情報を体系化できていれば、ユーザーに対してもわかりやすいWebサイトになっているはずなのです。「SEO」を意識するあまり、あまりにも不自然なことばかりしていては、サイトはいっこうに順位を上げません。ですが、Webサイト構築には多大な労力がかかります。その労力が報われるかどうかということは、いかに効果的にWebを構築できるかということで決まってしまいます。

ドメイン年齢は確かにSEO上重視される点ですが、それは「その他の部分」をしっかりと最適化できるかどうかということにかかっています。それが出来ないのであれば、いくら古いドメインを入手しても意味がないということになります。意味のないことを仕事上で続けることを「浪費」といいます。無駄な時間、無駄な経費を垂れ流し、最強の広告・販促ツールであるWebサイトを意味のないものにしてしまうことは、完全に忌むべきです。

Copyright(c) オールドドメインはなぜ好まれるか All Rights Reserved.