banner

結局は「コンテンツ」に帰結するということ

Webサイトを検索結果で上位に位置させたいという希望は、どんなWebマスターにもあります。そしてそのことでビジネスが潤うことも、明白です。明白なのですが、なかなか実現できないのは、それを誰もが願っているからで、検索結果の「表示」には必ずプライオリティをつけなければいけないからです。「プライオリティ」は検索エンジンがつけるものですから、そのアルゴリズムなどを想定しながら最適化していくわけです。

その「最適化」行為、つまりSEOを意識するあまり、根本の「誰に何を見せたかったのか」ということが置いて行かれることは多々あります。そのWebサイトには目的があったはずなのに、それがいつの間にか検索結果で上位をとることにすりかわってしまうのです。そうなると、健全なサイト運営とはいえなくなります。本来のサイト運営の目的はなんだったのか、今一度考えなおす必要があります。ただ検索結果に上位表示されればいいわけではなかったはずです。そのサイトの情報で人の心を動かし、こちらが意図する「アクション」をとってもらうことで「収益」を上げるのが目的だったはずなのです。SEOの奥深さ故にそれが目的になってしまい、結果コンテンツが検討外れになっていては、その労力は何も報われません。「意味が無い」のです。

人は確かに「情報」に動かされます。情報は人の行動を引き起こすことが可能です。ですが、それはその情報に価値がある場合のみです。「価値がない」情報には人は動かされません。価値のない情報などは、「参照しない」のです。たとえ検索結果で上位に表示されたとしても、それが「価値がない」と判断されればすぐにユーザーは閲覧をやめます。そして別のサイトへ移動してしまうのです。Webサイトで収益をあげることは「総合戦」です。つまり、そのWebサイトに相互力がなければいけません。総合力とは検索エンジンに対する最適化と、ユーザーに対して的確な情報を伝えることです。そして、そこに共感があって、有益であると判断され、「ニーズ」に対して有効に作用した際にはじめて、期待する「アクション」が得られます。期待するアクションによって収益に結びつくのです。

Webサイト構築の本来の目的がビジネスなのであれば、Webサイトがしっかりと収益に結びつくようにしなければいけません。検索エンジンで上位に位置できたという自己満足で終わってはいけないのです。「ドメインにこだわる」ということは、収益に結びついていなければいけません。SEOと、ページをユーザーのニーズに対して調整する「LPO」は同時に行わなければいけません。LPOとは「ランディングページオプティマイゼーション」です。ページを最適化することによって、期待する効果を得ることです。期待する効果が得られるまでそれを続ければ、必ず結果は上向きになります。結果が上向きになれば、その分収益が改善されるのです。それが「成果」です。

人を動かすコンテンツを作ることは簡単ではありません。そして、人を動かすコンテンツを人に「見てもらう」ことも簡単ではありません。すべてが難しいのです。簡単であれば、誰でも稼げているのです。そうではないから、試行錯誤します。ですが、必ずその商材にあった突破口はあります。その突破口をいかに見つけ、いかに実践するか。それがWebのビジネスでの要点です。Webマスターに課せられた使命でもあります。ドメインだけでは、売り上げは立ちません。

Copyright(c) オールドドメインはなぜ好まれるか All Rights Reserved.