banner

オールドドメイン取得サービス

「ドメイン」は誰かが取得していると、つまり「誰かに所有されている状態」では、申請することができません。ですが、その「誰か」が譲ってくれれば話は別です。ある程度年齢を経たドメインは、ただそれだけで価値があります。どのようなビジネスにとっても、さまざまなドメインを囲い込んでいる事業者が存在します。 ドメインの維持費は年間にしても微々たる経費です。そのドメインによって支えられているWebサイトが生み出す「価値」は、その施策によって無限大になります。「ドメインが年齢を経ていれば」と歯噛みする局面は、企業のWeb担当者であれば少なからずあるものです。自社サイトをどれだけ作りこんでも、どれだけ施策をしても、大手のサイトや競合サイトに勝てないことは確かにあります。そのような局面を招かないためには、最初から年齢を積んだドメインを入手すればいいのです。

そのようなドメインは「オールドドメイン」と言われたり、「中古ドメイン」と呼ばれたりします。オールドドメインはただそれだけで検索エンジンからの信頼が厚くなります。検索エンジンから信頼されれば、SEO施策の効果も明らかに違うものになってきます。そのようなこともあって、「ドメインの売買」は比較的盛んに行われています。オールドドメインを取り扱う事業者は複数存在し、そのようなドメインを望むWebマスター相手に「販売」しているのです。

どのようなドメインでも育てれば一人前に育ちます。「育てる」とは、「寝かす」ということとは違います。ただドメインを取得して放置しているだけでは「寝かしている」ということです。「育てる」ということはひとつの「Webサイト」として検索エンジンに認識させ続けるということです。そのようにして育てられたドメインは、価値があります。

また、閉鎖するWebサイトのドメインもオールドドメインの事業者からは魅力的に捉えられています。すでに育っているドメインですから、破棄するよりも、「次に活かしたほうがいい」ということです。ですが、そのような「閉鎖」するサイトのドメインは一定期間は間を空けなければ、ユーザーが「リニューアルした」と勘違いする恐れがあるので注意が必要ではあります。

ドメインに対する「ニーズ」があるかぎり、それを対象としたビジネスは当然のように行われます。ドメインにまつわるビジネスは、精通した人間にしかわからないものではありますが、Webサイトで収益を上げることをメインに考えるのであれば、変にブランド名にこだわるよりも「ドメインありき」で考えた方がいい結果が生み出せるものではないでしょぅか。ドメインはWebでビジネスを行う上での「城」のようなものです。いくら作戦が優れていても、武器が優れていても、本拠地が頼りなければどうなるでしょうか。

新しいドメインを取得したほうがいい場合と、オールドドメインで始めた方がいい場合、それぞれケースによって異なります。マス広告を行わず、かつWebを主体として売り上げを立てることを主としたサイトは、オールドドメインでスタートすることを検討しましょう。そうではなく、「ブランディングありき」という場合は新規ドメインとその類似ドメインを囲い込みましょう。

オールドドメインの価格はその「ページランク」によってさまざまです。ページランクとは検索エンジンのGoogleが策定しているドメインの指標です。それが高いほど、もちろん値段も高くなります。その代わりにSEO的な効果も高いです。ずっと使い続けるドメインですから、少し値が張っていてもいいのではないでしょうか。

Copyright(c) オールドドメインはなぜ好まれるか All Rights Reserved.