banner

SEOとはなんなのか

SEOとはよく耳にする言葉かもしれません。人によってはまるでそれが魔法の言葉のように感じられるかもしれません。SEOとは、検索エンジンに対して自身の管理するWebサイトを「最適化」する取り組みです。どのような効果が見込めるかというと、自身のWebサイトに関連した「キーワード」で検索された際にその検索結果の順位が上がるというものです。当たり前のように感じられるかもしれませんが、検索結果が上位であれば、閲覧される可能性が高くなります。目的を持ったWebサイトにとっては、たくさんの人が訪れ、こちらが期待するアクションを起こしてくれる方がいいに決まっています。ビジネスに関係したWebサイトであればなおさらです。SEOは、自身で実践すればまったく費用をかけずに行えるものです。費用をかけずに多大な流入効果を期待することができるのです。

SEOにとって一番大切なことは、「検索する人」の身になって考えることです。検索エンジンにとって検索結果を表示するということは、至極当たり前のことです。検索結果とは「このようなサイトをお探しではないですか?」ということをユーザーに提案した結果であり、その精度を高めることで「利便性」を高めることが検索エンジンの至上命題だからです。ですから、まずは「検索して何かを探している人」の身になって考えることが一番大切なのです。

例えば、「都心 家賃」と検索した人はどのような情報を求めているのでしょうか。そのキーワード検索では、都心の住居の家賃の相場が知りたいと考えるのが一般的です。「池袋 家賃」ではないことから、都心の家賃相場を幅広く調べたいのではないでしょうか。ですから、そのような情報はサイトが上位に上がるべきです。検索結果上位に上がるべきなのですが、「そのような内容Webサイトですよ」ということが検索エンジンに伝わってなければ、検索エンジンも判断のしようがありません。SEOとは、自身のWebサイトが「このようなWebサイトなんですよ」と、検索エンジンに伝えることでもあるのです。そのように伝えられた検索エンジンは、「そのサイトが本当にその検索ユーザーにとって有益かどうか」を検証し、プライオリティをつけるのです。その結果が、「検索結果」であり、順位付けされている理由です。

「検索結果の上位に入るためにはどうすればいいのか」ではなく、「どうすればインターネットユーザーの役に立てるのか」ということを考えるほうが、実はSEOの近道なのです。無闇に順位を上げたいだとか、とにかくなんでもいいから検索結果を上げたいというようなWebマスターは、その努力が報われない可能性が高いのです。インターネットユーザーの方を向いてWebサイトを最適化することが、検索エンジンに対しての最適化にもなるのです。それがSEOの第一歩でもあります。順位を上げるためには、まずユーザーのことを考えること。案外見落としがちなことですから、このポイントを押さえておくだけで、競合サイトに対してまずは一歩リードすることになるのです。
Webサイトをビジネスに利用しようとすることは、「人の役に立つ」ということの延長線上にあります。「ニーズが満たされる」ことが明白でなければ、ユーザーから収益をあげることはほぼ不可能なのです。

インターネットでのビジネスを考える際、絶対に度外視できないことがこの「利便性」です。ここだけはしっかりと押さえて、その上で細かな「施策」を実施したいものです。

Copyright(c) オールドドメインはなぜ好まれるか All Rights Reserved.