banner

WEBサイトは「サーバー」に収められている

Webサイトは「サーバー」に格納されています。どのようなドメインがとれても、どのようなコンテンツが揃っても、大規模なアクセスを稼ぐことに成功しても、物理的には「サーバー」へのアクセスが発生しています。大規模なトラフィックを受け止めるためには、それなりに強固な回線、サーバーでなければいけません。サーバーはいわばネットワークに接続されたハードディスクです。どのようなデータも、Webサイトで公開される以上は「サーバー」にかくのうされているのです。

企業のWeb管理担当であれば、あまりサーバーの管理などには関わらないのかもしれません。ほとんどの企業には企業内のITインフラを支える部署があります。その部署が主にWebサーバーの管理をすることになっていることでしょう。ですが、そのまま「ドメイン」に関してもイニシアチブを握っているのではないでしょうか。Webの担当者は与えられたドメイン、与えられたWebサイトの管理、更新をしているだけ。そのような状態では最適なWebサイト戦略などは生まれません。

Webサイトが格納されているサーバーの種類や規制、またシステム部門賞のポリシーによって、機能的にWebサイトに実装できなくなるものが生じます。そして、それらのひとつひとつは「それがあると何がいいのか」を説明したり証明できるようなものではありません。理由のない機能に対してシステム部門を動かすことは難しく、そのために思うようなWebサイトを構築中できないことがあります。その積み重ねが、その企業のWebサイトの「戦闘力」となってしまいます。

レンタルサーバーを借りたりするのであれば、そこまで規模の大きな組織対組織内の軋轢は生まれないでしょう。Webサイトの担当者が自らレンタルサーバーの管理も行えばよく、戦略上で必要な機能などにあわせてサーバーを検討すればいいのです。

Webサイトの「戦闘力」は、そのような「柔軟性」です。ほんの少しの機能が、あるかないかだけで、その「ユーザビリティ」は大きく変わります。システム部門は合理的に全社のシステムを管理することを主としています。Web担当部門はいうなれば「最前線」ですから、見ている現実が違うことは当たり前です。そして、その「差」によって思うようなWebサイト構築が妨げられることもおおいにあります。ですから、明確に管理部門がわかれていたとしても、Web部門は自社のサーバーの把握は必須です。

Webサイトも最後はリアルなサーバーに帰結します。ドメインの取得もそうですが、すべてをシステム部門にイニシアチブを握られてしまうと、戦略的に脆弱なWeb運営になってしまうおそれがあります。縦横無尽に戦えるインフラのないWebサイトは、トレンドの変遷などについていくことができなくなります。そうなると、営業ツールとしてのWebサイトに成長させることはできません。優れた戦略には優れたインフラが必要です。優れたインフラは戦略に対する「理解」によって構築されます。

これは「組織づくり」によって営業的な強さが変わってくる、ということです。ドメインの取得をどの部署が行うのか。その部署は営業戦略を把握しているかどうか、ということがポイントです。もし、Web部門にドメインに対する権限がないようであれば、それは変える必要があります。そして、Web部門の人間も意図しない方向に流れていくことを静観してはいけません。企業のポリシーによっては、現在のWebのトレンドに対してまったく遅れてしまっていることも多々あります。それを説得し、覆す力がなければ、「良いWebサイト」は運営できません。

Copyright(c) オールドドメインはなぜ好まれるか All Rights Reserved.